Q&A ぎっくり腰

滋賀県

Q、

私は普段、オフィスワークが中心で一日中デスクに向かっていることが多い会社員です。 10年近く前、以前勤めていた会社(現場作業)にて、ぎっくり腰を経験しました。 それ以来1年に1回程度ですが、急に立ち上がったり中腰になった時などに、腰の左右どちらかの付け根の辺りに、針を刺したような刺激痛を感じることがあります。 ただ、これは本当に忘れた頃にやってくる、というような頻度で、しかも普段はほとんどその兆候がありませんし、長くても二日間程度で痛みは自然に治まります。 なので、整骨院などに通う必要はないと思い、特に何も対処していませんが、もう10年ほど患っているので、なにか根本的に治療できる方法はないか、そもそもこれは「治る病気なのか」という疑問について、可能であればご教示願いたいです。

A、

ぎっくり腰は小さな筋肉繊維の肉離れ的症状です。捻挫のように筋繊維が引き延ばされて千切れる痛さに似ていると思います。

一度破壊された筋繊維は他の組織で補われるため完全に元に戻らないと思います。一度けがをしたところは今までとは違うと認識してケアしていかないと繰り返します。

後療法とケガの予防は接骨院(整骨院)の得意分野です。ぎっくり腰は病ではなく怪我という認識の方がいいと思います。

埼玉県、南浦和駅東口徒歩5分

医心堂南浦和整骨院

https://www.hokenin.com/

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ

​048-762-8985

​090-8037-7133