Q&A 肩こり

Q

会社員をリタイア後、ランサーとなり、ちょこちょことパソコンに向かっていたら、最近、ひさびさに肩から脇にかけての重だるい痛みがぶり返してきました。

かつて経験した「四十肩」「五十肩」とよく似た症状で、整形外科で痛み止めを処方してもらっていつしか痛みは治まった記憶が…。

60代に入り、再び痛みはじめるとは。

「六十肩」ってあるの?なんて夫に聞いたら、「さあ?オレはないけど」と冷たい返事。

対策としてはストレッチとか何かあるのか?

いっそ、整形外科、整体で診てもらおうか?ネットであれこれ検索中です。


A

四十肩の名称に始まり、寿命が延びるにつれ五十肩とい言い始め、さらに平均寿命が延びて六十肩が起き始めています。肩の症状は生きていると再発するということですね。人それぞれ生活環境(仕事の環境も含め)で出てくる症状があるのでしょう。


寿命が延びると出てくる症状は事例が無いということになります。過去の経験値によって臨床が蓄積し対処方法は確立されます。事例の少ないものは対処が難しいいことになります。


痛み止めは鎮痛が目的で治療が目的ではないようですね。ケガのように痛みをおさえて治癒を待つならいいですが繰り返す痛みには他の方法も取り入れなければならないようです。


肩関節周囲の症状は一般的です。整形外科、整骨院、整体院など身近な先生から評判と口コミをリサーチして受診してみましょう。


埼玉県、南浦和駅東口徒歩5分

医心堂南浦和整骨院

https://www.hokenin.com/

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ

​048-762-8985

​090-8037-7133