Q&A アレルギー

茨城県

Q、

食物アレルギーがあり、卵、乳製品、パン、餃子などでアレルギー反応がでます。 食事は無添加、無農薬の野菜を買っていますが、種類が限られてしまい、他の野菜も食べたいのですがなかなか無農薬のものは売っていません。 そもそも食物アレルギーが起きる原因は何なんでしょうか? 原因と対処法についてお教えいただければありがたいです。

A、

添加物や農薬はそもそも現代科学で作られたもので人間でも動物でもアレルギーが出ます。出方が顕著かどうかの問題です。本来摂取してはいけない物質です。

添加物も農薬も生産性、物流性、加工性、食味、などを良くするためにそれぞれの業者が生産性を上げるために使っているわけで、人間のエゴの産物ですね。

添加物や農薬は日本ではアメリカの3倍の種類があるそうです。しかし農薬ではアメリカは日本の10倍の量を使用しています。日本の食糧自給率は37~47%だそうで加工品には輸入材料が混じっている可能性が多分にあります。

世界ではDNAの書き換えやゲノムレベルでの改変は当たり前のようにしています。「調べて見ると人が口にしていいのか。」と疑うほどの話も出てきますし、死亡事故まで報告されています。

東京暮らしのドイツ人の夫婦は「アメリカ産は買わない食べない。」とまで言ってました。

農家が出荷して加工前までの保存料も農薬の分類だそうです。産地が外国なども含めて遠ければと多いほど大量に使うそうです。保存料も同じです。甘味料なども化学合成物質の場合があります。

方法1

「無農薬の物が売っていない。」ということは自分で作るのは面倒なのでしょうね。無農薬の野菜や果物は自分で作れば間違いなく無農薬です。摂取する無農薬の量(割合)が増えれば症状の改善には有効ですね。

無農薬と言いながら減農薬野菜を売っている生産者もいます。(笑)

方法2

体質改善にはデトックスや肝臓機能の改善など自分に合った方法を見つけましょう。

埼玉県、南浦和駅東口徒歩5分

医心堂南浦和整骨院 巻き爪陥入爪魚の目の匠

https://www.hokenin.com/

お知らせ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグ

​048-762-8985

​090-8037-7133